トップページ お問い合わせ

家具制作品
クラフト制作品オーダーの流れ制作日記オンラインショップカートの中facebook youtube


www.tecori.com --北軽井沢の家具工房--
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
少し背の高い四角いスツールと働く車

 

 

少し背の高い四角いスツールです。

 

ご依頼主様の背が高く、座面までの高さ「48センチ」でお作りしました。

 

 

 

 

 

オリジナルの四角いスツールよりも脚が長くなるので、

当初は強度を上げるため貫を入れようと考えていたのですが、

一つ試作をしてみましたら十分丈夫でしたので、

貫無しのすっきりしたデザインになりました。

 

試作で作ったスツールはショールームにて現品販売しておりますので、ご希望の場合はどうぞお問い合わせくださいませ。

 

 

 

 

 

丸い座面のスツールと並べると大きいですね。

 

ご依頼主様はギターを弾かれるんだそうです。

 

そんなお姿を想像しながら♪

 

 

 

 

 

 

 

工房のお庭には働く車が大集結中。

 

 

 

 

 

なんでも運転できるMr.Satoが要望をささーっと形にしてくれます。

 

急だった入口の坂が緩やかになり、水はけの良い駐車場になります。

 

 

 

 

 

 

工房では六角推が沢山出来てきました。

 

「すごく手間のかかるデザインだ」と

デザインした本人が、最近ついに気が付いたようです。

 

 

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com

 

 

 

大きい踏み台と小さい踏み台

 

 

クルミの木で作った「子供椅子にもなる木の踏み台」です。

 

 

 

 

左がサイズ【大】 右がサイズ【小】

 

紐がついていて持ち運びに便利です。

 

 

 

 

 

今回全てご注文品の製作だったので、

オンラインショップの在庫には回りませんでした。

申し訳ございません。

 

 

 

 

 

 

只今工房では、

「くず入れ」と「六角ペン立て」の製作を行っております。

 

 

いずれも角度の付いた板を正確に合わせていかなくてはならないデザインなので、とても頭を使います。

 

 

 

 

 

 

お師匠は、何度も何度も作っているはずなのに、

 

契(チギリ)のノコ入れ角度をセットする時に、しばらくフリーズしていました。

 

 

 

 

 

 

只今工房の外側では、

お庭と駐車場の整備をしております。

 

しばらくお足元が良くないかもしれませんが、

どうぞご容赦くださいませ。

 

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com

 

「曲木の椅子」と「木組みの編み椅子」

 

 

こちらはスタンダード仕様の「曲木の椅子」です。

 

座面がクルミの木。背もたれと脚がチェリーの木。

出来たては近い色合いのクルミとチェリー。

 

 

 

 

 

こちらは「編み椅子 - ちょっと大きめサイズ」です。

ちょっと大きめサイズは木のフレーム部分の強度を上げるため、

オークの木でできています。

 

 

 

 

 

二つセットでお届けです。

 

ゆったり。

 

 

 

 

 

 

こちらは、以前製作したブラックウォルナットのテーブルに合わせてお作りした「ブラックウォルナットの編み椅子」。

 

ペーパーコードもブラックを使用いたしました。

 

 

 

 

 

 

椅子は毎年、ほんの少し細部のデザイン修正をするのですが、

今回「編み椅子」は普通サイズもゆったり大きめサイズも、

背もたれの後ろ部分を少し改良いたしました。

 

丸みが付いています。

 

曲線に上品さが出て、触り心地も良い感じです。

 

 

 

 

 

 

ブラックウォルナットの曲木の椅子と共にお届けです。

 

 

 

 

 

ウォルナットの椅子のクサビ(クロスに見える部分)はホワイトアッシュ。

またの名をトネリコと言って、野球のバットなどに使われる丈夫な木なのです。

 

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com

 

 

 

 

棚付きの小さな食卓 + making video

 

 

クルミの木で作った「棚付きの小さな食卓」です。

 

天板下の棒は、貫(ぬき)として大事な役目を果たしているのですが、棚としての役割りも担いますので、読みかけの本や、ちょっとしたものを置くのにとても便利です。

 

 

 

 

 

無垢の木で家具を作る時は

その強度を保つことや、板の伸縮を上手く逃がし、木が反ったりねじれたりするのをコントロールする必要があります。

 

樹種の性質をよく知り、経験を積みながらその塩梅を決め、作りながらも加減を調整します。

 

ちなみに梅雨の今時期は、木材は湿気により膨張します。

この伸縮は家具になった後も季節ごとに続きます。

 

 

 

 

 

 

ご依頼頂いたのは「小さな食卓」でしたが、カフェテーブルやデスクにもなりますね。

 

金物を使わずにシンプルな作りで、クルミの木を使っていることもあり、重量が軽く移動が楽に行えます。

 

 

 

 

ISHITANI-Making "a small table with a shelf"

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com

 

 

 

背の高い曲木の椅子

 

 

とても背の高い曲木の椅子です。

座面高(sh)55cmでお作りしました。

 

スタンダードshが42cmなので、通常よりも13センチ程高い座面になります。

 

 

 

 

 

 

当工房のショールームのにあるカウンターに合わせてみました。

貫は足掛け兼用のデザインになっているので、高い座面でも楽に座れます。

 

 

 

 

見習い君が。

ちゃっかり写り込んでる。

 

背もたれと脚に使われたチェリー材は

出来たてほやほやなので、明るい色合いをしておりますが

1年と経たずに美しい赤茶色に変化します。

 

座面のクルミ材もまた

ゆっくりですが、美しい経年変化を見せてくれることでしょう。

 

 

 

 

 

 

工房では小さなクルミのテーブルの完成が近づいております。

 

 

 

 

 

無垢の木で作る家具は

シンプルなデザイン程

中が複雑に考えられたりしています。

 

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com

 

編み椅子 + making video

 

 

ペーパーコード編みの椅子です。

 

 

 

 

 

スタンダードサイズのデザインですが、

ご要望で今回座面の高さは、若干低めにお作りしました。

 

 

 

 

 

座面と背もたれは、コードの編み直しのときの為に、外せるようになっています。

機能を考えた設計なのですが、見た目のデザイン性も良いです。

 

 

 

 

 

ウォルナットの楔(くさび)でぎゅっと留めたら完成です。

 

 

 

ISHITANI - Making "Ami-isu" Chairs - Paper Cord seat -

 

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com

 

アンティークチェアのお直し + making video

 

どのくらい前に作られたものだろう。

 

 

長い間使い継がれて

 

長い距離を移動して

 

おそらく海を越えて

 

何度か修理されながら

 

座面は二つ失われてしまったけれど

 

遥々当工房までやって来た

 

椅子たちのお直しです。

 

 

 

ISHITANI - Repairing Chairs

 

 

お直し後の家具は皆、嬉しそうに見えますね。

 

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com

 

 

耳付のラウンドテーブルセット

 

 

クルミの耳付ラウンドテーブルと曲木の椅子のセットです。

 

テーブルの天板はクルミの木、脚はブラックチェリーの木。

椅子の座面はクルミの木、背と脚はブラックチェリーの木。

 

テーブルと椅子の樹種がそれぞれお揃いの木の組み合わせになっています。

 

 

 

 

 

 

テーブル天板は、木の自然の曲線を使った配置になっているため、

材料の木の個性に合わせて、本当に一点物になりました。

 

椅子を寄せると、丸い背もたれが欠けた円を補うようで、

とても一体感があります。

 

 

 

 

 

センターはブラックウォルナット材の契りで繋いでいます。

 

 

 

 

 

お近くだったので、イシタ二便が直接お届け。

毎度のごとく、ご依頼主さまに手伝って頂きながら、

かわいい絨毯の上にちょこんと納まりました。

 

 

ビデオ担当は「丸テーブルを作る」としか聞いていなかったので、

今回ビデオを撮っていなかったのですが、(以前撮影したので)

こんな素敵なのができるなら、撮っておけば良かったなぁと思った次第です。

 

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com

 

銀杏のカップボード + making video

 

 

銀杏(イチョウ)の木で作った小さなカップボードです。

 

味わいのある扉板は一枚板。

 

静かな木の力を感じます。

 

 

 

 

 

今回使用した銀杏の木は、

実は、元々ローテーブルの天板だったものを挽き直して、

カップボードに作り直したものであります。

 

ご依頼主さまが幼少期からご実家にあり、

今は使わなくなってしまった大きなローテーブル。

 

新しい使命を受けて、再び長くお役に立てるならば、

私達も本当に嬉しいです。

 

 

 

 

背板や棚板、引き出しの中板に至るまで、全て銀杏の材を使って作りました。

 

 

 

 

 

取っ手も石谷手製の真鍮取っ手です。

 

銀を被せてあるので、味があり、木によく似合っています。

 

木も真鍮も、経年による色の変化が素敵になりそうな予感がします。

 

 

 

 

 

「銀杏」と言えば、言わずと知れた高級まな板材。

 

最後に残った端材で小さなまな板を作って、

ご依頼主様にプレゼントいたしました。

(2つは逆プレゼントで頂いてしまいました。嬉しい)

 

元の一枚板は、一人では持ち上がらないほど重く大きなもので、

マグロが解体できそうでしたが、

余すこと無く、綺麗に使いきりました。

 

ちいさなまな板はアジのサイズかな。

 

 

 

 

 

ISHITANI - Making a Ginkgo tree Cupboard - made from an old table top -

 

 

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com

 

 

木組みのテーブル + making video

 

 

オークの木で作った木組みのダイニングテーブルです。

 

 

 

 

 

金物を一切使わず組んであります。

 

反り止めには木の吸付き残。

木のクサビ、木の契り、木釘。

 

 

 

 

 

天板には、とっておきのオークの耳付板を使用いたしました。

 

 

 

 

 

木組みの椅子と共にお届けです。

 

 

 

 

 

お部屋にも良く似合っておりました。

 

奥に見えるのはペチカストーブ。

すごく素敵ですね。

 

 

 

 

 

今回のテーブルのデザインは、長年お師匠が温めていたもので、

ついに実物になりました。

 

細かな設計は実際に作りながら、最善を尽くすため、パーツごとに試作を繰り返しておりました。

(ビデオには映ってないけどね)

 

 

 

 

ISHITANI - Making a Kigumi Table

 

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com