トップページ Q&Aお問い合わせ

家具制作品
クラフト制作品オーダーの流れ制作日記オンラインショップカートの中facebookinstagramyoutube


www.tecori.com --北軽井沢の家具工房--
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
組紐を作る道具「綾竹台」+ making video

 

こちらはしばらく前に製作させて頂いた

「綾竹台」のご紹介です。

 

 

 

 

綾竹台というのは最近映画でも話題になりました、

「組紐 くみひも」を作る道具のひとつです。

 

 

 

 

 

職人さんが絹糸を一本一本操りながら、

とても美しい模様の紐を編んでいきます。

 

着物の帯締めなどに使われるそうです。

 

 

 

 

 

この綾竹台は、頂いた写真を元に石谷が一から設計したので、

とても大変そうでした。

 

 

 

 

 

サイズや角度を全てご要望通りに作り、

さらに、分解・組み立てができる仕様となっています。

 

そして長くご愛用頂けるように、隠れ二枚ホゾや割り楔二枚ホゾ

の仕口を使い、丈夫に作りました。

 

 

 

 

ISHITANI - Making Traditional Braiding (Kumihimo) Machines

 

 

メイキングビデオを作るのが遅くなってしまったので、

昔使っていたカメラの映像画質になります。

 

見習い君もほんのちょっと若い気がします。

 

 

 

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com

 

 

 

パソコンデスク +making video

 

 

クルミの木で作ったパソコンデスクです。

 

ご要望頂いたサイズや機能を含んだ上で、

無垢の木でシンプルなデザインにまとまりました。

 

 

 

 

 

お部屋の角に置かれるとのことで、

テーブルトップはL字になっており、

腕を置いたり、資料を置いたりと便利そうです。

 

 

 

 

 

 

二段目の棚にはプリンターを置く予定になっています。

 

 

本体は運搬の関係上

上下に分かれる設計になっています。

 

 

 

 

 

 

パソコン画面の上部に来る木のバーにはマグネットが仕込んであり、

クリップやホチキスやらがくっ付いて、

これまた便利そうです。

 

 

 

 

 

 

木らしさのある素敵なデスクになりました。

 

 

 

 

ISHITANI - Making a Computer Desk

 

クルミの木で作ったパソコンデスクのメイキングビデオです。

 

 

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com

 

 

丸い座面のスツール + making video

 

 

「丸い座面のスツール」は、

高さが45冂のものと、50儖幣紊里發里任蓮

貫の位置と構造が少し変わります。

 

50僂魃曚┐襪發里蓮貫がちょっとした足掛けになるように作っています。

 

 

 

 

 

 

足先は柿渋で染めているので、

靴下を履いているようなツートーンカラーになります。

 

全体には自然オイルを施しております。

 

 

 

 

 

鉋はよく刃を砥いでから仕上げの作業に入ります。

 

 

 

 

丸い座面のスツールの製作風景です。

 

ISHITANI - Making MARU Stools

 

 

 

お山の上は寒いけれど、星がとても綺麗です。

 

 

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com

 

クルミの木のベッドセット

 

 

クルミの木で作った二つセットのベッドです。

 

シングルサイズのベッドですが、

厚さ33冂のダブルマットレスが乗るので

ヘッドボードも大きく作っています。

 

二つのヘッドボードは同じ木からできており、

木目が繋がるように配置されています。

 

 

 

 

 

石谷に言われるまで気が付かなかったのですが

なんと足元側の木の木目も繋がっています。

 

 

足の長さはお掃除ロボットが通れるように

ご相談しながら決めました。

 

 

 

 

 

 

分厚いスノコは運ぶときは重いですが、とても丈夫です。

 

 

 

 

 

 

 

本体ホゾ組は「割りくさび二枚ホゾ」。

 

 

 

 

 

 

今回は切り落としで仕上げています。

 

「くさび」にはブラックウォルナットの木を使っているので、

切り落としの断面にラインが入っているように仕上がります。

 

 

 

 

 

今回お作りしたベッドは分解・組み立てができる仕様になっています。

 

本体・ヘッドボード・スノコ・脚に分けることができます。

 

手作りの仕様書をお付けしてお届け。

 

無事組みたてができましたとのご連絡を頂き、一安心いたしました。

 

 

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com

 

ガラス戸の食器棚 + making video

 

 

クルミの木で作った「ガラス戸の食器棚」です。

 

本体、背板、棚板、全てクルミの木でお作りしました。

 

 

 

 

 

 

本体は蟻組という技法で組まれています。

 

細いアリは工作が少し難しそうですが、とても上品に仕上がります。

 

 

 

 

 

 

 

棚板も無垢の木なので、反りと伸縮を考え蟻組の端嵌め(はしばめ)がついています。

 

 

 

 

 

 

シンプルな引き戸の取っ手は、真鍮の板が添えられており、

平時は溝に入っていて見えないのですが、開けると現れます。

石谷らしい作りですね。

 

木と真鍮の組み合わせはとてもよく似合うので、

勿論目立つところにあってもすごく素敵だと思います。

 

 

 

 

 

 

棚板は、使い勝手や食器に合わせて、上下に動かせるようになっています。

 

 

 

 

それでは、お師匠の丁寧な仕事ぶりをどうぞ。

 

 

ISHITANI Making  " a cupboard with glass sliding doors "

 

 

 

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com

 

少し背の高い四角いスツールと働く車

 

 

少し背の高い四角いスツールです。

 

ご依頼主様の背が高く、座面までの高さ「48センチ」でお作りしました。

 

 

 

 

 

オリジナルの四角いスツールよりも脚が長くなるので、

当初は強度を上げるため貫を入れようと考えていたのですが、

一つ試作をしてみましたら十分丈夫でしたので、

貫無しのすっきりしたデザインになりました。

 

試作で作ったスツールはショールームにて現品販売しておりますので、ご希望の場合はどうぞお問い合わせくださいませ。

 

 

 

 

 

丸い座面のスツールと並べると大きいですね。

 

ご依頼主様はギターを弾かれるんだそうです。

 

そんなお姿を想像しながら♪

 

 

 

 

 

 

 

工房のお庭には働く車が大集結中。

 

 

 

 

 

なんでも運転できるMr.Satoが要望をささーっと形にしてくれます。

 

急だった入口の坂が緩やかになり、水はけの良い駐車場になります。

 

 

 

 

 

 

工房では六角推が沢山出来てきました。

 

「すごく手間のかかるデザインだ」と

デザインした本人が、最近ついに気が付いたようです。

 

 

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com

 

 

 

大きい踏み台と小さい踏み台

 

 

クルミの木で作った「子供椅子にもなる木の踏み台」です。

 

 

 

 

左がサイズ【大】 右がサイズ【小】

 

紐がついていて持ち運びに便利です。

 

 

 

 

 

今回全てご注文品の製作だったので、

オンラインショップの在庫には回りませんでした。

申し訳ございません。

 

 

 

 

 

 

只今工房では、

「くず入れ」と「六角ペン立て」の製作を行っております。

 

 

いずれも角度の付いた板を正確に合わせていかなくてはならないデザインなので、とても頭を使います。

 

 

 

 

 

 

お師匠は、何度も何度も作っているはずなのに、

 

契(チギリ)のノコ入れ角度をセットする時に、しばらくフリーズしていました。

 

 

 

 

 

 

只今工房の外側では、

お庭と駐車場の整備をしております。

 

しばらくお足元が良くないかもしれませんが、

どうぞご容赦くださいませ。

 

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com

 

「曲木の椅子」と「木組みの編み椅子」

 

 

こちらはスタンダード仕様の「曲木の椅子」です。

 

座面がクルミの木。背もたれと脚がチェリーの木。

出来たては近い色合いのクルミとチェリー。

 

 

 

 

 

こちらは「編み椅子 - ちょっと大きめサイズ」です。

ちょっと大きめサイズは木のフレーム部分の強度を上げるため、

オークの木でできています。

 

 

 

 

 

二つセットでお届けです。

 

ゆったり。

 

 

 

 

 

 

こちらは、以前製作したブラックウォルナットのテーブルに合わせてお作りした「ブラックウォルナットの編み椅子」。

 

ペーパーコードもブラックを使用いたしました。

 

 

 

 

 

 

椅子は毎年、ほんの少し細部のデザイン修正をするのですが、

今回「編み椅子」は普通サイズもゆったり大きめサイズも、

背もたれの後ろ部分を少し改良いたしました。

 

丸みが付いています。

 

曲線に上品さが出て、触り心地も良い感じです。

 

 

 

 

 

 

ブラックウォルナットの曲木の椅子と共にお届けです。

 

 

 

 

 

ウォルナットの椅子のクサビ(クロスに見える部分)はホワイトアッシュ。

またの名をトネリコと言って、野球のバットなどに使われる丈夫な木なのです。

 

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com

 

 

 

 

ソファーテーブルと、こたつ天板 + making video

 

 

チェリーの木で作った仕舞えるソファーテーブルです。

 

脚が外れる作りになっているため、

天板の左右部分で反りを抑えています。

 

シンプルでデザインと機能のバランスの良いローテーブルになりました。

 

 

 

 

 

 

オイル仕上げの無垢の木組み家具では、板の反りは抑えても木の伸縮は止めない作りをしているため、

このような天板では契(ちぎり)の断面を基準にして、板が出っ張ったり引っ込んだりします。

 

ちょうど完成後に雨が降り、早速板が伸びておりました。

冬の乾燥時には引っ込むのでしょうね。

 

伸縮を無理に止めると割れてしまうので、

木と相談しながら折り合いを付けます。

 

 

 

 

 

脚は斜めの「相欠き」という継ぎ手になっています。

 

全体的にも天板の伸縮を止めない絶妙な作りになっています。

 

 

 

 

 

 

分解してすっきり仕舞えます。

 

 

 

 

 

 

こちらはお揃いのデザインのこたつ天板です。

 

こたつの下部はお手持ちのものをご利用されるので、天板のみお作りいたしました。

 

ソファーテーブルよりも少し大きめのサイズ。

 

中央の板がオニクルミ。サイドがブラックウォルナット。

クルミの木合わせです。

 

 

 

 

 

こちらの反り止めの契りはチェリーの木。

 

 

 

 

 

小さな割れには楓の木の契りを。

 

 

 

 

 

 

チェリーのソファーテーブルをお仕舞になった後は、

 

冬の到来と共にクルミのこたつ天板の出番になります。

 

 

 

 

 

ISHITANI-Making " a cherry low table "

 

 

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com

 

棚付きの小さな食卓 + making video

 

 

クルミの木で作った「棚付きの小さな食卓」です。

 

天板下の棒は、貫(ぬき)として大事な役目を果たしているのですが、棚としての役割りも担いますので、読みかけの本や、ちょっとしたものを置くのにとても便利です。

 

 

 

 

 

無垢の木で家具を作る時は

その強度を保つことや、板の伸縮を上手く逃がし、木が反ったりねじれたりするのをコントロールする必要があります。

 

樹種の性質をよく知り、経験を積みながらその塩梅を決め、作りながらも加減を調整します。

 

ちなみに梅雨の今時期は、木材は湿気により膨張します。

この伸縮は家具になった後も季節ごとに続きます。

 

 

 

 

 

 

ご依頼頂いたのは「小さな食卓」でしたが、カフェテーブルやデスクにもなりますね。

 

金物を使わずにシンプルな作りで、クルミの木を使っていることもあり、重量が軽く移動が楽に行えます。

 

 

 

 

ISHITANI-Making "a small table with a shelf"

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com