トップページ Q&Aお問い合わせ

家具制作品
クラフト制作品オーダーの流れ制作日記オンラインショップカートの中facebookinstagramyoutube


www.tecori.com --北軽井沢の家具工房--
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
こんにちは 2017

 

 

 あけましておめでとうございます。

 

 今年も良いお年になりますように、

 心からお祈り申し上げます。

 

 Happy New Year !

 ISHITANI FURNITURE

 

 *今年から「年賀状」という形でのお便りは辞めてしまったのですが、
 ちょっとしたハガキをつくりました。 (また後ほど)

 

見習い君の日向と日陰

 

梅雨に入る前の気持ちよく晴れた日

 

見習い君は、
日向ぼっこでアツアツになった後、
日陰の葉っぱに埋もれました。

 

 

動画の効能:肩に力が入っている時、脱力できます。

 

北軽井沢家具設計製作工房
イシタニファーニチャー

 

 

山の桜

近くで、樹木医さんが山桜を剪定すると伺って、見学させて頂きました。

小さな湖を見下ろす土地に、その木は静かに立っていました。

樹齢はどのくらいだろう。立派な山桜です。




樹木医さんはたった一人で、忍者の様にするすると木を登って、
老木の手当てをしていきます。





森の木は支え合って生えているそうです。

例えば、湖の縁に生える木を切ると、風の流れが変わり、
今まで風を受けていなかった木に突然風が当ることになります。
もしその木が風を受けやすい樹形だったら、その木が老木だったら、
倒れてしまうかもしれません。

生存競争と同時に、共生関係でもあるんですね。




目の前の1本だけでなく、全体を見ることが大切なんだなぁ。
隣の木とか。向かいの木とか。遠くで目の合ったあの木とか。

木々の足元でうろうろしているだけでは、意外と全体は見えないものです。

木の上から見る景色には、木が見ている森の姿や、風の流れを感じるのでしょうね。







工房ではご注文頂いているお品をせっせと作っております。

大きなものから小さなものまで。






こちらは自家用ですが、
鉄パイプのネジ切りをしているところです。
どーゆー原理なんだろか。
ふしぎー。





北軽井沢 家具設計製作工房 
イシタニファーニチャー
www.tecori.com



 
シンプルに。丁寧に。

北軽井沢は標高1100メートル。

東京から日帰りで遊びに来られる場所ですが、気候はずいぶん違っています。

動植物も、初めて見るものにしょっちゅう出会います。

未だ朝晩はストーブを点けているのですが、
日中は気温も上がるようになったので、
草花が、いよいよ出番だと、次から次へ伸びてきます。


圧倒的な木々の足元で、陽だまりを見つけては、花を咲かせます。







鳥もずいぶん増えました。

姿は見えないのですが、そこら中から声が響いています。


そういえば、可愛いバードハウスを作ってあげたのですが、
そちらには入居せず、
なぜか工房の屋根の隙間にシジュウカラの家族が巣を作りました。

ヒナが生まれてからは、親鳥が忙しそうに飛び回って、
時々工房の中に入ってきては、窓にぶつかったりしていました。

「君に何かあったら、私達が虫を取ってこなくてはいけないから、
気を付けてちょうだいよ。」
と窓を開けたり誘導したり、、、

そして皆無事に巣立って行ったようです。








一生懸命に今を生きている動物や草花を見て、

もっとシンプルに
もっと丁寧に生きたいな。

と思いました。








北軽井沢 家具設計製作工房 
イシタニファーニチャー
www.tecori.com
クローバーと見習い君の作品

北軽はとっても良い気候です。
 
月曜日には雪が積もって真っ白だったのですが、
今日は春のグリーンです。


 


工房の庭には、一面にクローバーが芽を出し始めました。
もう少しすると、一面のタンポポ畑になります。

このクローバーとタンポポがとっても綺麗なので、
駐車場の整備に及び腰なのです。
なにかいい方法はないかなぁ。


 




こちらは見習い君が師匠に作品の講評を頂いているところです。

師匠「素材感が出ていて、空間の使い方も大胆で…」

見習い「へい。ありがとうございます。」

師匠「でも資源は大切にね。」


 

北軽井沢 家具設計製作工房 
イシタニファーニチャー
www.tecori.com

 
散りゆく秋
森の中は、

毎日色が変わって、

毎日景色も変わって、

緑が萌えていた時には見えなかった動物や家々が、ひょっこり現れます。





葉っぱに作ったから落ちちゃったみたい。



私がしばらく自宅用の建具を作りまくっていたので、
随分記事が溜っております。



色々同時進行で制作しているので、
まとめながら少しづつ
新入社員の肉球を借りながら、記事を更新していきたいと思います。



ホームページ www.tecori.com


 
おがくずストーブ
ここ北軽井沢は、めっきり秋も深まり、早くもおが屑ストーブが活躍しています。
2年目に突入し、だいぶコツが掴めてきました。

大量に排出されるのおが屑と小さな小さな木端を何とかうまく燃料に出来ないかと思い、
このストーブ本来の使い方ではありませんが、工夫して使っています。

おが屑は、普通の薪ストーブだと、一瞬にして燃え尽きるか、火が付かないかです。



筒の中におが屑をぎっちり詰めてから、着火します。


前回の冬はこれで、何とかやり過ごしました。

ストーブは温かいのですが、やはり真冬は常に氷点下の世界。
さすがに寒いです。



以前の工房では、少し溜まれば、おが屑を養豚場に持っていき、肥料として再利用してきました。

半年溜まったおが屑が、だいぶかさばってます。
せっせと使ってます。




ホームページ www.tecori.com

(ホクダン モミガライトストーブD3)ソーダストストーブ
お髭が生えた

出かけた時は無かったのに。

帰ってきたら、お髭が生えてた。





 ホームページ www.tecori.com

 
新入社員
工房に新しい社員が入って参りました。
今はまだ、匂いを嗅いだりゴハンを一生懸命食べたりするのが主なお仕事です。

そのうちブログの更新をしてもらおうかなぁ。
Enterキーを押すのに良い手をしておる。


名前はシロです。
どうぞよろしくお願いいたします。


もちろん会長もご健在です。
先生、先生と呼ばれて敬われております。



ここの所暖かく、本当に良い気候で、冬とは打って変わって珍来客が増えました。

こちらのお客様は、フワフワの体にお洒落な羽が付いていて、
とんがり口ばしは花の蜜を吸うためでしょうか。

山には見たことのない虫がたくさんいます。
皆、素晴らしい意匠・造形をしております。



 
雉 -キジ-


秋の道を自転車でノロノロ走っていたら、道端でキジを見つけました。

北軽にキジがいることは聞いていましたが、会ったのは初めてでした。

二匹並んでこちらを見上げていました。
落ち葉に埋もれて、しかしながら派手な装いのため、
目立って可愛かったです。
(二匹とも雄)

桃太郎の助太刀はできそうもないですが、きび団子には付いて来そうな気がしました。


北軽は紅葉も終盤ですが、冷たい空気が気持ちいいです。
道もお店も空いていて、おすすめの季節です。