トップページ Q&Aお問い合わせ

家具制作品
クラフト制作品オーダーの流れ制作日記オンラインショップカートの中facebookinstagramyoutube


www.tecori.com --北軽井沢の家具工房--
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ブログのお引越しのご連絡 We started a new blog.

 

 

工房日記のブログのお引越しをいたしました。

 

 

新しいアドレスはこちらになります。

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

ishitani-furniture.blogspot.com

 

 

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

イシタニファーニチャー

 

 

 

 

家具製作設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com

 

 

 

 

オークのスツールとチェリーのダイニングセット

 

 

オークの木で作った「四角いスツール」です。

 

 

 

 

 

今回は「ソファのサイドテーブルにもなるように」とのご依頼で、

上面の彫り目を付けずにフラットに仕上げました。

 

オーク材は木材の規格の関係上、クルミ材で作った時よりも

少し薄くなるのですが、硬い木なのでしっかりとしています。

 

ソファの傍らでサイドテーブルにしたり、オットマンにしたり、

普通に座ったり、踏み台にもなったり、活躍してくれているとのご報告をいただき、嬉しい限りです。

 

 

 

 

 

 

 

こちらはチェリーのダイニングテーブルセットです。

 

今回は160cm×90cmの4人掛けにちょどよいサイズです。

 

 

 

 

 

お食事の風景を想像中。

 

 

 

 

 

チェリーとクルミの木で作った曲木の椅子と共にお届けです。

 

 

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com

 

 

小さな壁付け棚 + making video

 

 

オークの木で作った壁付けの棚です。

 

 

 

 

 

シンプルなデザインですが、

 

 

 

 

 

とても手の込んだ作りになっています。

 

 

 

 

 

写真用にお花をかざってみましたが、

ご依頼主様のお家では、木で出来たの小さなスピーカーが乗ります。

 

 

 

 

 

久しぶりに製作風景のビデオを撮影しましたので、

どうぞご覧ください。

 

お散歩シーンで新緑のオークの木(楢の木)が出てきます。

見習い君が「ワン!」と合図をしているシーンです。

 

 

ISHITANI - Making Oak Wall Shelves

 

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com

 

あっという間に夏の気配

 

 

只今工房では、

ちょっと特別な作品や、手の込んだ小さな家具を作っています。

 

 

 

 

 

完成品はお渡し後にご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

お山の上も暑くなってきて、見習い君も裸んぼ。

 

 

 

 

 

 

それぞれ製作風景のビデオも撮影しているので、

こちらも後ほどご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

そしてお師匠は桜の厨子の製作に入っております。

今回幾つかご注文が重なり、同時に作っていく様です。

皆大きさが異なるので、間違えないように集中しています。

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com

 

 

 

 

 

フレームの完成と職人さんを支える職人さん

 

 

彫刻刀で彫り目を付けたフォトフレームです。

今回はチェリーとブラックウォルナットで3サイズ作りました。

 

 

 

 

こちらはチェリー。

 

 

 

 

こちらはブラックウォルナット。

 

 

オーク材での製作はしばらく先になってしまうと思いますが、

チェリーとウォルナットは各種オンラインショップに追加いたしましたので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

お師匠が達筆な果たし状のようなものを読んでいると思ったら、鑿の取説?でした。

 

木工道具は、一つ一つ決して安いものではないので、

悩んで悩んで思い切って今回鑿を新調しました。

といっても18年くらい前に作られた中古のものですが、

とても状態が良く、これから先も長く物作りを支えてくれる道具となることでしょう。

 

 

 

 

裏もよく考えられています。

 

 

 

 

そんなお師匠は今「四角いスツール」の製作中ですが、

鑿の出番はまだないです。

 

 

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com

 

ちょっと高めのスツール

 

 

ちょっと高めのスツールです。

 

カウンターテーブルにも合わせやすい座面高55センチメートル。

 

 

 

 

 

42センチメートルの曲木の椅子と比べるとこのくらい高いです。

 

貫は足掛けにもなります。

 

 

 

 

 

二つセットでお届けです。

 

 

 

 

 

こちらもお届けのシーン。

ご近所のお客様には直接お届けいたしております。

 

ラウンドテーブルと編み椅子3つ。

ミニバンにピッタリ収まりました。

何だかこのテーブルセットの為に作られたような車だ。

 

 

 

 

 

見習いくんに見送られ出発。

 

 

 

 

お庭のヤマボウシにも春がやって来ました。

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com

 

 

 

フォトフレームの組み立て

 

こちらはフォトフレームの製作です。

 

フレーム四辺の木目や色味をバランス良く組み合わせる為、

ずら〜っと並べてから一つ一つパーツを選んで行きます。

 

 

 

 

彫り目のあるデザインのフレームは、

一つ一つ彫刻刀で彫っていきます。

 

広葉樹は硬い木材なので、

彫刻刀はよく研いでおきます。

 

 

 

 

なぜ契り(写真中央の木片)が並んでいるのかというと、

入り具合を一つずつチェックしているからです。

 

見た目には分からない本当に微妙な厚みの違いで

入り具合が変わるので、仮入れして選抜しています。

 

きつ過ぎず、ゆる過ぎず。

 

 

 

 

仕上げは手でサンドペーパーをあて、

 

オイルを塗って、拭き取って、

 

ガラスを入れて、中紙入れて、

 

背板を入てれ、止め金具と吊り下げ金具を付けて、

 

袋に入れたら、出荷準備完了です。

 

 

 

 

 

お師匠は只今チェリーのテーブルセットを製作中。

 

既に佳境に入っています。

 

 

 

 

ん? 立ったまま寝てる?

 

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com

 

 

 

チェリーのラウンドテーブル

 

チェリーの木で作ったラウンドテーブルです。

 

 

 

右は完成したばかりのチェリーのテーブル、

左は8年程経ったチェリーのテーブルです。

 

チェリーの木は経年の色変化が比較的早いので、

製作から1年程でぐっと色が深まります。

 

時間と共に高級感を増してゆく、不思議な木ですね。

 

 

 

編み椅子と共に。

 

 

 

春の散髪をしたとたんに寒の戻りで服を着せられた見習い君。

冬の間、毛玉を沢山ため込んでいた見習い君。

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com